February 17, 2019

December 21, 2018

Please reload

最新記事

今年の1月も仕事はフランスから始まった。

パリで待っていてくれたのは、ヨーロッパをはじめ世界で活躍する音楽家だ。

オペラ座の近くのレストランで、食事を取りながらの話がお祖母さんのことだった。

その女性からメールを貰っていたので、抜粋して紹介する。

:::::::::::

ただ、日野先生に私はとにかくお礼を言わ...

「触れる」という行為はこころと繋がっている

February 17, 2019

1/3
Please reload

特集記事

自分や家族が倒れた時、ここに居る先生方に診て貰いたい

February 19, 2019

「もし自分や自分の家族が病気や怪我になった時に、ここに居る先生方に診て貰いたいなぁと思いました。」

 

これは、「東京・明鏡塾」8期、初受講の柔整師の感想の一部だ。

そして、自分自身が治療家だからこその言葉だ。

 

初受講で、再受講の人達の集中力、テーマに向き合う姿勢に感動して書いた感想だ。

前7期の受講生達は、全員今期に再受講している。

それは、覚えられなかったワークがあるから、出来なかったワークがあるからではない。

例えば、5,6,7,8期と受講している年配の歯科医師は

「最初の体験セミナーで、理由は分からないものの、今学ばなければいけないと思った理由が、体を通じて少しづつはっきりしてきました。セミナーまでは「何かを加える事」のために生きてきました。今もその部分を求めない訳ではありませんが、知識や経験、そして持ち物からお金、また毎年増える年齢。それ等がすべてだと思っていました。その認識を削ぎ落としてきたのが、明鏡塾の場でした。」

と綴られておられる。

 

まさに削ぎ落す場なのだ。

だから、出来る出来ないという小手先のものではないにもかかわらず、受講した明くる日から臨床に変化が起こるのだ。

何故か。

自分自身が問題意識を持ち、集中された空間を体感しているからである。

理屈よりも体感が重要なのだ。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア