通じ会える

「2017年2月から思考と感情で煮詰まってたこと、それと今まで思考でわかっているつもりで、実感できない"本気"を感じ取れた場でした。 『おまえは、頭大丈夫か?』と本気で僕に対して仰って下さった日野先生の言葉には、言葉に表せない本気の気持ちがありました。 先生が僕にその言葉を仰って下さった時、その言葉の意味合いや言葉尻でイメージする僕の過去のストーリーや妄想ではない言葉の奥にある先生の本気と愛を感じました。 本気の気持ちってどんな言葉にしても相手に伝わるから。 真面目に不真面目で頭のおかしな人として、あるがままのバカな自分で生きてきた僕には、先生の言葉に込められた本気の気持ちが感じ取れて、とても嬉しかったです。」 というメールを貰った。 これは、現在開講中の「東京ワークショップ」中の出来事だ。 少し、混乱している青年がいた。 しばらく様子を見ていたのだが、組んだ相手が戸惑っていたので、手をだした。 しかし、その組んだ相手の人は”セラピスト”と名札に書かれてあった。 であれば、そういった青年をなんとかするのが仕事だろう、だ。 私は、その青年に声をかけると、まさに混乱中だった。 そこで「おまえは、頭大丈夫か?」だ。 直球で感じたままだ。 直球で感じたまま、その時、浮かんだまま、つまり、「反応」だ。 人とは、これでした通じ合え無いのだ。 理解し合えることと、通じ会える、これは全くの別物だ。 医療従事者にとって必要なのは、患者さんや利用者さんと、この「通じ会える」が必要なのだ。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Twitter Social Icon
  • Facebook Social Icon