February 17, 2019

December 21, 2018

Please reload

最新記事

今年の1月も仕事はフランスから始まった。

パリで待っていてくれたのは、ヨーロッパをはじめ世界で活躍する音楽家だ。

オペラ座の近くのレストランで、食事を取りながらの話がお祖母さんのことだった。

その女性からメールを貰っていたので、抜粋して紹介する。

:::::::::::

ただ、日野先生に私はとにかくお礼を言わ...

「触れる」という行為はこころと繋がっている

February 17, 2019

1/3
Please reload

特集記事

体感覚の重要性

February 20, 2018

ワーク・ショップでも、教室でも、もちろん、「明鏡塾」でも、ワークを始める前にデモを見せる。

例えば、手の角度が違うと力が出ないとか、体重を膝に移動するとか、とにかく、ありとあらゆるワークは、まずデモを見せる。

そうすると、Aの場合のデモとBの場合のデモの違いが分かる。

ワークをする人に、明確に分かるということだ。

 

しかし、ここに大きな問題がある。

見ている人は「確かにABの違いが分かる」が、何がどう違うのかを分かったのではない。

大きな印象として「違う」ということが分かっただけだ。

もちろん、そのデモを見慣れている人は、私の説明も含めて何がどう違うのかを「知っている」。

大方の人は、この「確かに違いが分かる」と「知っている」で止まるのだ。

 

もちろん、ワークの最中にそれが「偶然出来る」こともある。

そうすると「出来た→次は」になる。

そういうゲームは楽しい。

だからこのレベルが間違っているとは言わない。

ここを入口として、深いところに入っていってくれたら良いと思っている。

 

これは「武禅」など身体のワークではないワークも同じだ。

もちろん、その時も「偶然出来た」という現象が起こる。

問題なのは、2回は出来ないことだ。

そこを考えていくと、偶然その現象が出来た時、偶然だから「何が」出来たのか、「どうしたから」出来たのかが不明だからだ。

では、何故不明なのか。

出来た現象に対して、「何を目的として取り組んだのか」が曖昧だからだ。

そして、それは自分自身のどこから始まった目的なのか、そこも曖昧なのだ。

 

「明鏡塾」の受講生が優秀なのは、ここが明確だからだ。

自分は何者なのか、そこが明確であれば、その何者に必要な能力、ということに、ワークも生活も繋がるからだ。

しかし、とはいっても「明鏡塾」でも「違いが分かる」だけ「知っている」だけの人もいる。

何が足らないのか、あるいは多すぎるのか。

そこは色々あるが、一つだけ言えることは「体感覚」が育っていないことだ。

 

思考は「脳」を使う。

同様に感覚は「身体」を使うのだ。

そして、その感覚は「脳に統御」され、思考を助けたりリードしたりするのだ。

この体感覚というのは、自分自身が体感している内感覚の事ではない。

表層感覚のことだ。表層感覚を深めていったところの体感覚だ。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア