何時の間にこんなことを

「離床する前から患者さんに『大丈夫絶対起きれます。トイレにいけますよ。私といきましょう』と言いきれる自分になった事にもびっくりです。」


「明鏡塾」を再受講している看護師さんからのメッセージだ。

講座で、こういった内容のものはない。 それは、このメッセージのように自発的に言葉になり行為になってこそ、患者さんに有効に働くからだ。


では、なぜ自発性が生まれるのか?

講座全般が、自分で自分を考える事を目的としているからだ。 講座そのものが「出来るようになる」事が目的ではなく、それに取り組む自分の態度や姿勢、考え方を知り、その自分との格闘が講座の目的だからだ。


大阪「明鏡塾」には、今回から脳外科部長も受講されている。 先々に来る自分の行き詰まりを予見されたからだ。 ますますバラエティに富んだ受講生になって、楽しい限りだ。

先輩の受講生も大いに刺激になって、もっともっと活性化する事だろう。


大阪体験会は4月23日です。 詳しくは https://www.meikyojuku.com/




特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square