January 23, 2020

年が明けて2020年になりました。

と言っても、もうすでに1月も23日になりました。

本当に、時間は忙しく進んでいます。

とにかく思っていることは全部やろう、そんな話を「明鏡塾」の忘年会でも話ました。

瞬く間に、という字に負けないスピード感を持って全速力で歩く、そんな年にしたいと思います。

「明鏡塾」の受講生の人達のさらなる成長に、何が出来るか、そんなことも毎日頭を使っています。

January 23, 2020

「明鏡塾」の特徴の一つは、再受講の人が多いことです。

それは、理解できないから?

難しすぎるから?

新しい技術を習えるから?


そうではありません。

自分自身の成長や、技術の深化が明らかに分かるからです。

そこが数あるセミナーとの違いの一つです。

若い医療従事者から、ベテランの治療家や看護師・介護士まで、様々な職種の人が横一列で学んでいるのも特徴の一つです。

どうして職種が異なるのに、同じ教材を学べるのか?

それは方法を学ぶのではなく、医療従事者にとって重要な「関係」の本質を学ぶからです。

February 2, 2019

しかし、当たり前ですが、未熟な部分が多く、そこに直面すると嫌な時もありますが、自分の道を進めるよう精進して生きていきたいと思います。 理学療法士としてもそうですが、人として、父として、明鏡塾に出会わなければ、大切なことを見失ったまま過ごしてきたと思います。

February 1, 2019

相手に触れるということは、自分を開放するというか、心を開いて行くことと同じなのかと感想を持ちます。 臨終の身にあるにも関わらず、こんな幸せな気持ちが目の間にあるなんて、私はきっと沢山の幸せや感動を見過ごしていたんじゃないかと、そんなことを思いました。

December 21, 2018

ーー臨床の中で、今まで、治療としての「触れる」というところは、意識してやっていましたが、それ以外に、最初にご自宅に入るとき、最初の挨拶、相手に近づく、実際の治療に入るなど、実際の治療場面は「手で相手に触れる」という行為以外にも、多くの所作があり、それら全てを含めて治療であるのに、気付き、今まで、すごく雑にやっていたし、余計な事がたくさん頭を過っていて、相手には違和感をすごく与えているんだと気付きました。

今まで「明鏡塾」で学んできた事で、今更かよ!というの感じですが、やっと自分で気付けたという感じです。ーー

これは再受講している理学療法...

November 23, 2018

日曜日は「東京・明鏡塾」7期5回目の講座だった。
7期も残すところ12月1回のみだ。

今期は、特に再受講の人達の成長が目立ち、初受講の人の影が少し薄かった。
とはいうものの、先輩達と自分達初受講とは実力が明らかに違うという事を体感していた。
つまり、自分自身の伸び白が限りなくあるという事だ。

実力差は何から見えるのかというと、それは顔付き、特に目付きだ。
自己を確立してくるので、クリアで活き活きとした目になる。
俗にいう、輝く目である。

そのことは、患者さん利用者さんに、大きく影響を与える。
患者さんや利用者さんは、間違いなく安心するのだ...